GARNET CROWとは

音楽

og:image / twitter:image

お疲れさまです、そーはんです。

みなさん、「GARNET CROW」っていうバンド知ってますか?

1999年~2013年の解散するまで、大阪を拠点として活動していた、ボーカルの中村由利(ゆりっぺ)、キーボードのAzuki七(七さん)、ギターの岡本仁志(岡もっち)、リーダーでキーボードの古井弘人(古井さん)の4人組のバンドです。

名探偵コナンでのエンディングで流れていた「夢見たあとで」をご存知の方もいるのではないでしょうか。

 

まず、メンバー構成を見て思った方もいると思いますが。

ボーカル1人、キーボード2人、ギター1人なので、バックバンド無しではライブが出来ないんです。厳密に言えば、生バンドライブが出来ないという表現が正しいかもしれませんね。

実は私、GARNET CROWという存在は全く知りませんでした😅

2002年の夏に、たまたまTSUTAYAへレンタルしに行った際に、アルバム『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』のジャケットがシンプルではありましたが、私の眼にはものすごく格好よく映って勢いで借りてしまいました。こういう言葉があるかどーかは知りませんが、「ジャケレンタル」ですね。

 

 

og:image / twitter:image

その1曲目、表題曲でもある『水のない晴れた海へ』のイントロを聞いた瞬間、あ、これ凄いグループかもと思い、次にボーカルのゆりっぺが歌い出した時には既に好きになっていました🎵

それくらい、私にとっては衝撃的なCDでありグループです。

私は人生の中で一番好きなCDアルバムは何?と聞かれれば現在は100%即答でこのCDを挙げます。

元々彼らは個別に活動をしていたのですが、中村由利の歌声とメロディー、Azuki七の詩とピアノ、岡本仁志のギター、古井弘人のミックスアレンジがそれぞれ超独特な個性を発揮出来たからこそ「GARNET CROW」というグ神がかったグループが出来上がったのかなと思っています。個性的なメンバーとしては自由にやらせてもらえる遊び場と思ってたかもしれませんね😉

GARNET CROWってどういうグループ?って聞かれた時の私の回答ですが。

超独特な雰囲気を持ったグループ。と答えます。

生も死も、共存も孤立も、楽も苦も全ての感性を表現で来ているグループです。

 

 

og:image / twitter:image

彼らは元々、契約事務所の関係で大阪を主な活動拠点としておりましたので、その当時は遠征・ライブ参戦初心者の私にとって、彼らのライブを見る事はものすごくハードルが高い事でした。

しかし、2002年にSHIBUYA-AXでライブが開催される事を知り、参加してみようと。

結果、大ハマり!!!

彼らのライブが見れるというワクワク感、且つライブの為に東京に来ているワクワク感が私にとっては新鮮で、また行って見たいという感覚を抱きました。

その後は彼らの活動拠点である大阪も遠征するようになり、ツアーも全制覇したりと、そーはんの現在のネジがぶっ飛んだ行動を作ってましったきっかけとなったグループです。

加えて、ライブでの知り合いが出来るというのも嬉しかったですね。好きなアーティストのライブを見れて、且つ友人が出来るという。知り合ってから現在までずっと繋がっていて定期的に会っている友人が多いです。友人というよりは仲間という感じですね。

そーはんの遠征病は間違いなくGARNET CROWから始まりました。ありがとうございます。😂

 

 

 

og:image / twitter:image

始めて大阪のライブに参戦した時は、仙台から大阪まで夜行バスのフォレスト号に乗って行きました。仙台を19時40分に出発し、なんばには翌日7時30分くらいに到着します。約12時間の旅となりますがライブを見に行くのが目的ですので、さほど苦にはなりませんでしたね。現在も大阪ライブがある時は利用しています。

現在は路線がUSJ行きまで伸びたので、かなりの人気路線。休日には満席のこともしばしば、繁忙期には2号車まで出る事もあります。

バスにはトイレが付いてますし、サービスエリアでの休憩が2回ほどありますので思っている以上には疲れないと思います。夜行バス気になった方は是非。

 

 

og:image / twitter:image

アーティストにハマれるという事。

正直な気持ちと経験から、ここまで書いてきましたが、人それぞれの生き方があるので自慢するつもりもないですし、真似してもらえると価値観変わるかもとも思いません。

遠征大好きという立場になってしまったので、自分の目標であるアーリーリタイアに遠ざかってしまってるのも承知してます。

ただ、ライブに相当参戦させてもらってますし、おかげで遠征もさせてもらってますので、尚更違う世界観を味わえるのではと思っています。

まとめにはなりますが、地方在住の遠征民にとっては費用も大きく発生しますし、貴重な時間も移動時間などに多く取られますし、身近な人にこんな事を言ってしまったら批判の言葉しか返って来ないと思います。

でも私は、短い人生の中で自分が楽しく生きる為の重要なファクターだと思って行動しています。

当然、自分の人生においての重要なファクターはそれぞれ違うと思います。皆さんはどのファクターに赴きを置いていますでしょうか?少なくても私はGARNET CROWにハマれて良い人生だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽

Posted by torikago