鶯籠(とりかご)とは

遠征, 音楽

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は birdcage-454467__340.jpg です

お疲れさまです、そーはんです。

本来であれば過去にハマったアーティストの話をして、現在このアーティストに行ってます!のほうが流れが分かりやすいとは思いますが、私は現在から遡ってハマっているアーティストの事を書いていきます。ですので前にハマってたアーティストの事は相当後回しになると思いますが💦

 

さてみなさん、今私がライブ遠征しているアーティスト鶯籠って知ってます?

・・・は?うぐいす。。。。。かご???

違います!!!とりかごと言います!!!

2018年3月デビューの駄好乙(たむこ)、PINOKO、からあげ、♰ばんぱいあ♰、点点の5人組アイドル。私は2018年の秋くらいにハマり始めました。最新曲「嘴(くちばし)」のMV貼っておきます。

 

 

通うきっかけになったのは、埼玉に勤めていた時同じ職場の女の子が「私に似ているアイドルいるんですよ!!!鶯籠のばんぱいあちゃんて娘。一回見てきてください(笑」とこっそり言われたので行くしかないと。一目見てパフォーマンスに引き込まれました。何だこれ!???今まで見たことない感じ。すぐにハマって遠征するようになりました。

あ、翌日職場の女の子には説教しておきました。誰がばんちゃんに似てるって!???と。ばんちゃん、可愛いすぎです💛

 

そーはん、分かったよ。遠征しているんだからそりゃ良いところがあるんだろうけど、結局何が良いの?

それは実際のライブをみれば分かりますが、彼女たちが魂を削ってパフォーマンスしてくるのがものすごく伝わってくる、ヲタクもそれに答えようと全力で沸く(私も沸きますが)、そのやり取りがものすごく心地良いからです。加えて群雄割拠のアイドルの中いつどーなるか分からない中、魂を削ってパフォーマンスをしている姿が人生と同じように見えてその儚さに惹かれているというのもあります、

 

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は person-731495__340.jpg です

鶯籠のジャンルは超トリッキーなアイドルってトコでしょうかね。アイドルというジャンルには収まらないと思いますが、彼女たちはあくまでアイドルとして売っていくって事なので。

 

トリッキーさを何点か挙げると。

①「鶯籠」の文字通り、活動拠点は鶯谷です。

鶯谷にある「VALLEY×VALLEY×TOKYO」(通称:バリバリ)を拠点として活動しています。AKBで言うと秋葉原劇場のような感じです。

 

②2019年5月時点では、無銭ライブが多いです。

当然1ドリンク、2ドリンクなど発生はしますが基本無銭が多いです。ただ、個人的にはもう無銭じゃなくても良いと思ってます。理由は③に続きます。

 

③超ハードスケジュールなのに車移動。

4月末からのスケジュール。

4月24日名古屋→25日大阪→27日東京×3本。

4月30日東京×2本→5月1日名古屋×2本→5月2日大阪×2本→5月4日東京→5日東京×2本。

実際ライブをしないイベントも入れてはいますが、この移動全てスタッフ運転の車です。

こういう事が日常茶飯事。メンバーももちろん心配ですが、スタッフさんも心配で。。。

そもそも、無銭じゃなくても人集まると思うので有料にして新幹線代に充てて欲しいってのが本音。

 

④デビューして1年ちょいなのに持ち歌多い。

鶯籠としての持ち歌、28曲です。大きなワンマンイベントでは持ち歌を連続披露します。1stワンマンでは17曲連続、先日行われた渋谷タワレコのイベントでは27曲連続披露してます。もちろんMC挟まずです。

 

⑤その他いっぱい。

メンバーの名前から「は?」ってなると思いますが、メンバーのそれぞれの個性をあげたらきりがないです。14歳の駄好乙がエグゼクティブプロデューサーとか。15歳の点点が尾崎豊好きとか。他列挙していくと、撮影可能イベントや特典会で撮影できるのでカメコさんに優しい(いわゆる撮影会みたいなイメージです。)99.5%くらい男性40代くらいのヲタクがついているのでマナーはものすごく良い。ライブではもちろん沸きますが。リフトもしますしサークルもします😎などなど。

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は animal-3174862__340.jpg です

 

 

現在は、私が通い始めた頃よりはかなりファンも増えている状況です。近い将来彼女たちはもっともっと大きなステージでパフォーマンスをするでしょう。

昨日もあのXやGLAYやDIR EN GREYが初期にライブを行っていた目黒鹿鳴館で2本ライブをしました。行きたかった。。。そして今年の夏はTIF(夏の3大アイドルフェスの1つ東京アイドルフェスティバル)にも参戦し多くの人の目に留まるでしょう。

私はおそらく古参と新規の間位の立場かと思いますが、これからも出来るだけ遠征し、鶯籠が空高く翔んでいくのを見ていきたいと思います。古参の方には説明足りなすぎるわ!って言われるかもしれませんが、鶯籠については今後投稿する機会は多々ありますのでご容赦ください。

鶯籠メンバーとスタッフさんたちがこれからも心身ともに元気な状態で活動出来る事と心から願っています。

 

最後に、鶯籠1stワンマンライブの動画貼っておきます。気になったかは是非ライブに。

https://youtu.be/HUghP2Qc2Tk

 

 

人生ハマれるものがあると楽しいですよね。皆さんは何かにハマっている事ありますか?

遠征, 音楽

Posted by torikago